便秘に効果がある青汁


土曜日, 8月 2nd, 2014

ダイエットをする時に、気をつけなければいけないのが、健康を損ねずにダイエットすることです。

食事をとらないと痩せるのは当たり前ですが、何日も食べ物をとらないのは、体の内臓機能が低下して、あらゆる病気にかかりやすくなったりするので危険です!!

そこで、おすすめするのが「 置き換えダイエット 」です。
置き換えダイエットと言うのは、1日3食の内の1,2回を別の食べ物に置き換えてダイエットするもの。

絶食したり、朝食を抜いたりしないので、体内のリズムを崩しません。
特に、置き換えダイエットでは、栄養価が高いのに、ローカロリーなものを食べる方法をとるので、健康的にダイエットできるのです。

そして置き換えダイエットと言ってもその手段は幅広く、市販で売られているものでは、
スープ、シェイク、クッキー、ドリンクなど様々です。

どれがいいのか迷ってしまう人は、普段の労働タイプを参考にしたり、食習慣を参考に選んでみましょう!

20代から40代の女性の1日に平均摂取カロリーを見てみると、

多少年齢別でバラつきがあるものの、

デスクワークをしている方や、専業主婦の方だとおよそ1750kcal前後、

営業や立ち仕事をしている労働の場合、およそ2,000kcal前後、

1日1時間程度の運動をする方や、農業などをしている方はおよそ2,350kcal前後、

1日1,2時間の運動をする方や、配達業などのハードワークの方はおよそ2,750kcal前後となっていますが、

どれに当てはまりますか?
きっと、日頃からスポーツなどで体を動かしている人、重労働の人はあまりダイエットと縁がないかとお見ますが、

あまり普段体を動かすことが少ない方は、ダイエット食品の中でもカロリーが低いスープがオススメです。

ダイエット食品のスープは、1食当たり50kcal以下のものも多く、他のダイエット食品よりも低カロリーなのが特徴です。
また、野菜がとれるので栄養価が高く、温かいものを飲むことによって、満腹感を得られるといった効果もあります。

普段、食事よりも甘いものが好きな間食好きな方に向いているのは、
クッキーやシェイクといったダイエット食品です。

一食分の摂取カロリーは、およそ150kcal前後。スープよりも高いですが、
普通の食事を摂るよりもずっと低いカロリーなので、しっかり置き換えできていれば
確実に痩せることができます。

シェイクはとろみがあり、結構満腹感が出るので、3食とも置き換えすることも比較的苦痛にならずにできるそうなので、普段ガッツリ食べて太ってしまう人にオススメです!

水曜日, 10月 30th, 2013

最近の青汁は水に溶かしただけで飲めるほど飲みやすくなりましたが、まだまだ抵抗感を持っている方が多いのです。

そんな青汁も牛乳に溶かしたり、はちみつを加えたり、ヨーグルトに混ぜたりすれば飲みやすくなります。
このひと手間が面倒で、家にいるときには飲むけど外出先や旅先にまで持ってゆくことはしない、という方が多いのではないでしょうか。

粉末の青汁をさらに進化させて錠剤にしてしまえば持ち歩きにとても便利で、いつでもどこでも摂ることができます。お薬とは違うので、食後だとか食間だとかの決まりもないので気が付いたときに摂ればよいのも錠剤タイプの便利なところです。
また味や風味を気にすることもないので、錠剤タイプの青汁は飾りっ気なしの栄養素のかたまりです。

「ステラの贅沢青汁」や「有機青汁サプリ」、「元気な青汁」、「青汁ゴーヤ」などが錠剤タイプになっています。保存性や携帯性などとともに、手軽で飲みやすいということでも錠剤タイプは人気があります。

日曜日, 10月 20th, 2013

テレショップでは長く続けられている青汁三昧ですが、通販の楽天市場でも青汁(ケール)加工食品部門では2008年に250週以上もの間、販売第一位を獲得しています。
また、2013年5月現在では販売累計が8億杯を突破しました。

青汁三昧は野菜に含まれる栄養素がたっぷで、1箱180g中には、ビタミンCならレモン約19.8個分・食物繊維ならキャベツ約3.8個分・鉄分ならピーマン約75個分・葉酸ならブロッコリー約21個分を摂取できます。

また、「おいしく」「バランスのいい栄養価で」「手ごろな価格で」という3つのコンセプトの元で作られています。
大麦若葉の自然の甘みと香り活かしつつ、ケール、ゴーヤをバランスよくミックスし、食物繊維・鉄分・ビタミンC・βカロテンを筆頭に27種類もの栄養素が含まれています。

テレビショッピングなどで長く紹介され続けているのは、企業力と同時に青汁三昧の効果が期待を裏切らない本物であることだと思います。

水曜日, 10月 9th, 2013

摂れたての大麦若葉に熱を加えずに作った生の青汁、シャイン社独自の製法です。
生搾りの大麦若葉エキスにコラーゲンやヒアルロン酸などハリとツヤに働く美容成分や若々しさをサポートするレッドクローバーなどの素材をプラスしています。

熱を加えないことで、ビタミンやミネラル、酵素の力を生きたまま青汁の粉末にしています。見ずに溶かして軽く振るだけで、鮮やかなふわっとしたクリーミーな泡立ちで、
見たからに美しいグリーンの発色を確認できます。

創業者である萩原医学博士は予防医学、医食同源の考えに基づいた健康食品の研究、開発を続けていました。そして約150種類もの緑葉を研究した結果、栄養価やバランス、安全性に優れる大麦若葉に至ったのです。”生きてる青汁「麦緑素」”を発明したのです。日本で初めて大麦若葉の青汁を製品化させたことから、青汁は海外からも支持されています。

月曜日, 9月 30th, 2013

青汁を飲む人の多くは、健康を維持するためのものでした。そして青汁を飲む人は中年以上の年齢の人が多く薬のような感覚で飲まれていたので、本当に健康を意識した商品として知られていました。

ところが、近年、若い年齢層にもこの健康志向が浸透してきたため、企業はこぞってのみやすい青汁の製品開発をしました。そして美容にも効果があると言う青汁も製品化しました。<神仙桑抹茶コラーゲン&N-アセチルグルコサミン>は肌の衰えに効果があると言われます。カルシウム、鉄、食物繊維、ビタミンC、カテキン、Lテアニン、かりうむ、ビタミンKなどの栄養素が含まれています。

原材料にめずらしい熊笹が使われている<エバーライフのおいしい青汁>は大麦若葉とともに熊笹が入っていて食物繊維が豊富です。エバーライフと言えば「皇潤」で有名ですが、皇潤といえばヒアルロン酸ですが、この青汁にももちろんヒアルロン酸が入っています。一杯あたりが105円とコスト的にも続けられる青汁です。

そしてまさに美容のために生まれた青汁が<美感青汁>です。熊笹を原材料にしてますが、ヒアルロン酸やコエンザイムQ10とともにプラセンタまで含まれているのが特徴です。ゼリー状で、マンゴー味なのでとても食べやすく、どれだけでも食べられるくらいなのです。

ニキビに効果があるという青汁が<ステラの贅沢青汁>です。クセのある味のケールを主原料にしていますが、錠剤タイプなので飲みやすく携帯にも便利です。クロロフィルも摂ることができるのでお肌をきれいにするという美容効果が期待できます。

参考・・・青汁ゼミナール

月曜日, 9月 30th, 2013

元気じゃないと前向きな思考が失われます。健康に自信の無い方や今現在の健康を維持したいと考えている方など、ぜひ青汁を試してみてください。
また美容に関心のある方にも青汁はおすすめです。美容の大敵である便秘の解消においては評価も高く、便秘解消のための青汁リピーターが増えています。

健康食品のトップクラスでもある青汁は、現代人のかかえる健康不安に対するお助けマンのような存在です。食生活の欧米化に伴う生活習慣病やガンなどや、免疫力の低下は今は目に見えない症状でも、いつ私たちの体を蝕むか分からないのです。

これらの根本的な原因はやはり野菜不足にあると言われます。
そのため安全、安心な青汁が大流行となりつつあるのです。粉末タイプ・錠剤タイプ・冷凍タイプなどがありますので、生活スタイルで選ぶことができます。

原材料もいくつかあり、主原料はケール、大麦若葉、明日葉の3種類が代表的なものです。メーカーによっては主原料に他の様々な栄養素をプラスしていますので、ニーズに合わせて選ぶことができます。
昔は青汁=苦い、飲みにくいというのが定番でしたが、近年はとても飲みやすくなっているので、どの青汁も子供でも飲めるくらいおいしくなっています。

 

月曜日, 9月 30th, 2013

欧米ではロールキャベツなどに利用されていますが、独特のクセのある味のせいか日本では野菜としては普及していません。

しかしケールの栄養素は高く、生葉100g中にはタンパク質3.9g、脂質0.6g、糖質7.2g、リン67㎎、カルシウム225㎎、ビタミンA3300IU、ビタミンB1 0.15㎎、ビタミンB2 0.325㎎、ビタミンC 125.5㎎が含まれています。
また、ケールには野菜類では群を抜いてビタミンEが豊富に含まれています。繊維質でもあり、カリウムも多く含まれた栄養の宝庫なのです。

これらの高い栄養素に着目して、遠藤医学博士が青汁を考案しました。
1955年にケールを絞った緑色の汁は、遠藤博士の奥様が名づけた「青汁」として世に出ることになりました。遠藤博士の指導を受け、その厳格な栽培方法と製造方法を守ったものだけが「遠藤青汁」と呼ばれるようになり、今でも「遠藤青汁 みどり」などがあります。

月曜日, 9月 30th, 2013

そういえば、便秘の症状が軽くなったなど、ビックリするような効果ではないけれど、便通のストレスがなくなっている?みたいな感じですね。

青汁はどれも食物繊維が豊富ですが、便秘解消としてオススメのものがあります。

<えがおの青汁>
食物繊維が豊富な大麦若葉が主成分、さらにアガベから抽出した水溶性の食物繊維由来の植物性乳酸菌などの便秘に良いとされる栄養素がたっぷり配合されています。
飲みやすさもランキング上位ですから、便秘の効果を望む方にはおすすめの青汁です。

<ふるさと青汁>
明日葉を原材料としていますが、この素材も食物繊維が豊富です。ケールの栄養価を上回るといわれるほどですから、その効果は期待してもよいでしょう。値段が少々高めなのがネックですが、便秘とむくみの解消に効果があるとも言われます。

<はちみつ青汁>
おなじみキューサイの青汁ですが、ケールを主原料に、山田養蜂場のはちみつを配合することで、飲みやすくなっていて、他のケール青汁より圧倒的に飲みやすくなっています。
やっぱり青汁はケール!と思っている方からの根強い支持があります。

加えてヨガなどの運動を継続することにより便秘の解消を感じる方もいます。